最近話題のビットコインの様々な特徴について

手数料が原則ありません

ビットコインは介在するようなシステムがないことから、原則として取り扱い手数料が存在しません。これに関しては個人同士で実行されるわずかな額の支払いでは、実に肝心な点といえます。銀行やクレジットカードの場合でも、ある程度の事務手数料があります。ですから少ない額の商品での取引きが厳しくなるなど、ビジネスそのものの収益性が落ちます。ビットコインは直接的に送金するシステムの為、従前より存在する事務手数料に関する考え方が覆された支払が現実化できます。

国境という概念がありません

政府によって使用している通貨は違ってきます。ですから他国に行く時にはその国家で使用する通貨に両替することになります。両替する際取り扱い手数料が加わるので、その分損が出ます。しかしながらビットコインは国境が存在しないのです。その結果両替を意識せずに支払うことが出来るという訳です。暮らしている国に影響されなくなります。日本国内のビジネス関係でもビットコインの決済を活用すれば、外国からのビジネスそのものが伸展しやすくなるでしょう。

取り扱う店舗が増えています

ビットコインを使用した決済については、銀行経路の決済とは異なることから、手間暇がかかる手続きあるいは制限が存在しません。その結果、金銭の取引が、自由に出来ます。それに加えて、いずれの国家からでもビットコインを活用することになれば、グローバルレベルで使えます。それを現実にするにはよりビットコインが可能な店舗が増加することが不可欠です。ここへ来てビットコイン決済が可能な店舗があらゆる国に増えています。

ビットコインを決済に利用するためには、ドルや円といった通常の通貨を預金するために使われる銀行口座にあたる、「ウォレット」を作成する必要があります。