ネット上の誹謗中傷から起こる風評被害対策としてできること3選

ネットの運営者に連絡

もし、ネットの掲示板やサイト上に自分のことを批判し風評被害が起こるような記事が書かれた場合、できる対策があります。それは、そのサイトの運営者または運営会社に連絡をして書き込みを消してもらうことです。サイトの運営者側の立場では、サイト上に誹謗中傷が書き込まれてサイトが荒れることは望ましくないはずです。なので、しっかりと対策をしてくれます。書き込みが消えてもまた書かれる場合があるので、運営者に見張ってもらいましょう。

警察に被害を相談してみる

ネット上の誹謗中傷からの風評被害が大きな事件に発展することもしばしばあるため、警察は特にサイト上の書き込みに気を配っています。なので、警察に相談をしてみるというのは非常に効果的です。警察は、風評被害の度合いがとても大きい被害だとしっかりと捜査をしてくれます。また、サイト上の買い込みを分析して犯人を検挙してくれることもあります。捜査のために書き込みのデータを保存しておくことが大切です。証拠は裁判でも大切な記録となります。

弁護士に相談してみる

弁護士の中には、ネットの誹謗中傷からの風評被害やネット被害に詳しい専門の弁護士が存在します。そういった弁護士の事務所に連絡し、弁護士に相談する約束を取り付けましょう。弁護士に相談するときには、書き込みの記録などの証拠や風評被害によって自分に起こった被害などを詳しく説明するといいでしょう。弁護士は必ず適切な対処をしっかりと教えてくれるはずです。さらに、裁判を起こすこともできるので被害が深刻かつ重大な場合には必要です。

ネットでの悪意ある発言は頻繁に行われます。反応することでより激しさを増すこともあります。よって誹謗中傷対策としては、基本的に「無視」ということになります。しかし、中傷が酷い場合は警察へ相談しましょう。